読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスレジェンドの追憶

構築や大会を書くためのブログ

今更だがWCSレートで使用してた構築を書く

こんにちは。アイスレジェンド・氷雨です。何ヶ月ぶりの更新ですかね?今回はシーズン1からシーズン2前半まで使用した構築を雑に書いていきます。

 

ぺリッパー(控えめ)@気合の襷

努力値CSぶっぱ

ハイドロポンプ、暴風、追い風、守る

雨降らし要因。雨を降らしながら追い風と暴風が使えるのは優秀。

ハイドロポンプ1試合に1回は外すので熱湯のほうがいいかもしれない。

 

ゴルダック(控えめ)@ミズZ

努力値CSぶっぱ

S→(準速デンジュモク+2

ハイドロポンプ雨乞い、冷凍ビーム、守る

すいすい要因。雨乞いは相手キュウコンに「オーロラベール」を貼らせないためと天候の上書きの為に採用。雨乞いを採用してしまったおかげでメインウエポンが命中不安定なハイドロポンプだけになってしまった。悲しい。

 

カプ・ブルル(意地っ張り)@命の珠

努力値AぶっぱHS調整余りD

H→実数値159

S→追い風時最速130属抜き

ウッドホーンウッドハンマー、岩雪崩、守る

物理火力とフィールド上書き要因として採用。珠+グラスフィールドからのウッドハンマーの火力はH252アローラベトベトンを6割~7割くらい削れる程度。

等倍の相手には積極的に撃っていきたいですね。

 

デンジュモク(臆病)@拘りスカーフ

努力値CSぶっぱ

S→準速スカーフカプ・テテフ+1

10万ボルト、目覚めるパワー(氷)、ボルトチェンジエナジーボール

追い風が切れる前に出していた。ビーストブーストでCが1段階上がった状態からの10万ボルトでカミツルギを倒すこともあったががチョッキやスカーフを持ったカミツルギが増えてきてるのでこの枠は変えるべきなのかもしれない。

 

ハリテヤマ意地っ張り)@火炎球

努力値AぶっぱD>B調整DL対策

猫騙し、インファイト、毒づき、叩き落とす

ポリゴン2を吹き飛ばす優秀なポケモン追い風で使用することもあるので勇敢ではなく意地っ張りにした。晴れパや雨パ対策としてたまに見るヌメルゴンもこいつでふっ飛ばしてた。

 

ポリゴン2(勇敢

努力値 H244 A調整残りC

恩返しシャドーボールトリックルーム、自己再生(守る)

A→A+1の恩返しでH175ーB135カプ・レヒレ確定二発

今までsecretだったがそろそろ書いていく。

DL対策でBよりDに振る人が増えて攻撃が上がることがあまりにも多かったのでそれを利用した物理寄りのポリゴン2。A+1から放たれる恩返しの火力は想像以上に強かった。シャドーボールは当時環境の頂点にいたガラガラ対策として採用。今年のジャパンチャンピオンシップス予選でも何回か物理型ポリゴン2は見かけたので注意しましょう。

 

 

 

成績

シーズン1最終1917

シー1700後半で解雇ズン2

 

かなり雑に書きましたが最後まで見てくれた皆さんありがとうございました。

(追記)

今までsecretにしていたポリゴン2を公開しました。

重要なところには赤色で見やすくしました。